趣味ではないけれど料理もする

私は料理をよくやる方だ。そんなに難しい料理は出来ないけれど、一般的な家庭料理的なメニューはこなせると思っています。

私は玄米を食べています

また、家族の中で私だけ玄米ご飯を食べています。それも、自家製の発芽玄米にしてから炊いているので、 栄養価も高いと思っています。私だけが玄米ご飯を食べているので、炊飯用の土鍋で炊いています。

玄米ご飯を食べていると、いわゆるおかずはとても質素なものになってきます。不思議です。
ひじきと大豆の煮物だとか、冷奴とか塩昆布や 味付け海苔もいいですね。玄米ご飯によく合う筑前煮などは贅沢な部類になりますね。更に、玄米ご飯にはカレーもとても合うんですね・・・w

家族に喜ばれる「たいめいけん」のコールスロー

私が家族のために作る料理の中で、近頃は日本橋の有名なレストラン「たいめいけん」のコールスローがとてもウケています。ほぼ、2日に1度は作っています。
この「たいめいけん」のコールスローのレシピは、なんとレストラン「たいめいけん」のホームページに掲載されています。作ってみたのですが、レストラン「たいめいけん」で出されるコールスローそのものです。下手にアレンジしないでレシピ通りに作るのが美味しく出来るコツです。

私のゆで卵の作り方は

さて、私はゆで卵が好きなのでよく作るのですが、新しい卵でゆで卵を作ると殻が剥けにくいんですね。よく言われていることは、一週間ほど経った卵の方がゆで卵にした時に殻が剥けやすいということです。でも、ゆで卵を食べたい時にいつも一週間ほど経った卵がある訳ではありません。新しい卵でゆで卵を 作らなければならないこともあります。では、そんな時にはどうしたら良いのでしょうか。

その対処方法は案外と簡単なことでした。
一般的にゆで卵は水と一緒に卵を鍋に入れて茹でていきますが、今回は沸騰したお湯に卵を入れていきます。
卵をお湯の中に入れる時には、一つずつおたまなどに乗せてそっと入れます。乱暴に扱うとひびが入って 白身が出て来てしまいます。丁寧に扱いましょう。

半熟ならば7分から8分。固ゆでならば10分程度。私はいつも7分半と決めています。茹で上がったら、すぐに鍋の湯を捨てて水を入れて冷やします。そして、すぐに殻を剥きます。すぐに殻を 剥いた方が殻が剥けやすいからです。
こうして茹でた卵を温かい内に食べると、まるで鰹ダシが入っているように感じるほど旨味が味わえます。
今回はゆで卵について書いてみましたが、また別の料理レシピも書いてみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました