健康至上主義者ではないけれど

私は健康至上主義者ではないけれど、週に4日か5日はウォーキングをしています。正直なところを言えば、健康でいたいからウォーキングをしているのではなく、何となく気持ちが良いから歩いています。
それが健康な証拠だよ・・・などと言われたら返事のしようがないけれど、ただただ気持ちが良いから歩いているんです。

毎日飲んでいた酒を飲まなくなった

朝のウォーキングは7年ほど前にいきなり始まりました。
それまでの私は毎晩のように多量の酒を飲んでいました。毎朝のように二日酔いというか、酒が残っている感覚でした。それでも、休肝日を作らなければいけないとか、酒はほどほどにしなければいけない…などとは爪の先ほども思ったことはありませんでした。それはそれは健康にはほど遠い生活をしていました。

それがある日突然に酒を飲まなくなりました。

別に身体の具合が悪くなった訳ではありません。その日も酒を飲むつもりで酒屋で酒を買って来ていたので すから。でも、その日はなぜか酒を飲まずに眠ってしまったんです。いつもなら酒を飲まないと眠れないのに。 何かで疲れていたのでしょうか。とにかく、その日は酒を飲まないで眠ってしまったのです。
するとどうでしょう。次の日の朝はずいぶんと早い時間に目覚めました。そして、とても目覚めも良く、すがすがしい気持ちがしました。こんな朝は初めての経験のような気がしました。
そして、その日も酒を飲まないで眠ってしまったのです。そして、次の朝も早起きをする。

何となくウォーキングは始まった

そんな日を何日か繰り返したある日の朝に、ちょっと外に出てみるかと思い、外に出てみました。
と、外に出たところでやることもないので、近所を歩いてみました。いつもは車に乗って通る道を歩いてみると新鮮な感じがしました。結局、20分ばかり歩いて帰って来たのです。
こうして、朝のウォーキングが始まりました。そして、酒も家では飲まなくなりました。

現在は週に4日か5日ウォーキングをします。距離は3kmほどです。私はかなり早足で歩くので時間は30分ほどになります。

ダイエットという副産物が・・・

ウォーキングと酒を飲まなくなった所為か、2ヶ月で体重がちょうど10kg減りました。嬉しい副産物ですね。高校生の時と同じ体重になりました。63kgです。身体が軽くなりました。

健康になろうと酒を飲まなくなった訳でもなければ、身体のためにと始めたウォーキングでもありませんが、身体が軽く気持ちよくなり、気持ちも心なしか何事にも前向きになってきています。

あえて言いますが、これが健康だということでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました