私の食生活は1日2食が基本です

私は基本的に1日2食です。朝は食べません。食事は昼と夜だけです。
世の中では「朝食を食べましょう!」と声高に言われている中、明かに逆行していることになりますねぇ・・・w

でも、この1日2食の食生活をもう5年以上は続けています。では、なぜ1日2食の食生活を長きに渡って続けていられるのかと言えば、メリットが多いからです。もっと言えば、デメリットはぜんぜん感じていないんですね。
この辺りを詳しく書いてみたいと思います。

1日2食の食生活は自然と始まった

1日2食の食生活を始めたきっかけが特別にあった訳ではありません。毎日のように飲んでいた酒を飲まなくなったお陰で朝早く目が覚めるようになり、ウォーキングを始めるようになりました。
約30分のウォーキングから帰ると喉が渇いているので水を飲みます。
ここで飲んだ水の所為か、空腹感が薄れてしまうようです。結局、9時過ぎまではお腹が減ったと感じません でした。それが続くと朝食抜きが普通になってしまいました。これが始まりです。

1日2食のメリットとは

1日2食の食生活が今でも続いているのはメリットが多いからです。メリットというのは、もちろん身体に対するメリットです。

まず一番最初に挙げることが出来るメリットは、お通じについてです。
今までは、もよおしたらその都度トイレに行くという感じでした。しかし、1日2食が安定して来ると必ず午前中にもよおすようになりました。
更に、腸が弱かった私は下痢が多かったのですが、ほぼほぼ下痢にならなくなりました。これには本当にびっくりです。
家で酒を飲まなくなったこととウォーキングを始めたことで2ヶ月で10kg痩せたのですが、そこからリバウンドもありません。体重の上下がなくなりました。

そして、男の私には別にどうってことがないことでしすが、肌の状態がすごく良くなった感じがします。
私は、いい年をして顔に吹き出物がよく出来ていました。それがほとんどなくなりました。更に、風呂に入って洗顔した時に肌触りがびっくりするほど良くなっていたんです。
えっ?こんなにモチモチだったっけ?・・・という感じです。分かりにくいですね・・・w

1日2食のメリットはまだまだある

他には、
少なくとも午前中は頭が冴える…朝食を食べないとボーッとすると言われるがそんなことはない。
睡眠の質が向上した…以前より睡眠時間が短くなっても眠くならない。睡眠時間は4~5時間。
疲労感が消えた…いつも疲れた疲れたと言っていたのが忘れてしまったように消えた。
花粉症が治った?…ずっと悩まされていた花粉症が治っていた

本当に1日2食の食生活によって得られたのか

ここで書いておかなければならないことがあります。
私が身体が改善されたという以上のメリットが、本当に1日2食の食生活から生まれたのかどうかはっきりしないということです。1日2食を始める直前にいくつかの新しいことを始めていたからです。例えば、毎日飲んでいた酒を飲まなくなったことが原因かもしれません。また、週に4日~5日行っている朝のウォーキングが原因かもしれないのです。
一番気になっているのは、私は玄米を食べているということです。体調が良くなったのは玄米が原因かもしれないということです。

でも、やはり1日2食の食生活にしたというのが私自身の中では一番の変化ではないかと思っています。原因は何であれ身体が改善されたことは確かなことです。間違いなく気持ち良い生活を送れているのですから。

タイトルとURLをコピーしました